財布は基本的に本革がいいと言われている理由

 

財布ってデザインも大事だけど、「どんな素材で作られているか」ということもとても大事な要素だと思います。

 

 

ココマイスターデザイン重視で財布を選ぶことももちろんいいと思います。自分が気に入ったデザインの財布だと、使うことが楽しくなるというか持っていることが幸せだと感じます。

 

 

「持っていて幸せだ!」「この財布と巡り会えて幸せだ!」と思える財布であること以上に求めることなどないかもしれません。

 

 

 

しかし、ちょっとだけ財布の材質のことについて興味関心がある人は、気に入ったデザインプラス気に入った材質で出来た財布を選ぶことをおススメしたいと思います。

 

 

 

 

基本的に本革の財布が良い」と言われていることを、知っておいて損はしないかもしれません。

 

 

 

まず牛革ですが、最もよく見られる牛革の財布は蓄財に向いているということです。牛革自体に蓄財の意味があるんだそうです。そういう意味が牛革にあると知っておくと迷った時に決めやすくなりますね。

 

 

 

それからオーストリッチの革は「増やしながらお金を貯める」という意味があるらしいです。オーストリッチの革だなんて高級すぎてなかなか見ることなどできないけれど、「お金を増やす」「お金を貯める」という二つの意味があるなんて驚きました。